fc2ブログ

GEN'sログ(雑記)

イラスト&コミックのサイト「GENユニバース」の管理人GENのブログです。

仮面ライダーエグゼイド 第5話

ピンクの髪のやつウザいな。
もの凄く。


ベルト開発してるとこは、
いろいろ能力低いというか、
問題多いな。


主役のやつは何回転んでんだよ。
もう、転ぶの禁止。


あれ?
おいおいおい、
看護婦姿のときは、クールじゃなかったんか?あの女。
早くも止めたか、その設定。(って、違ったか?)


今回も、怪人のデザインがいいな。
地味ながら、こだわりを感じるぞ。


気のせいか、ここの病院の医者は、
「好きな言葉はナンチャラです」
っていってるような感じの奴しかいないな。


白髪のコカド演技ヘタね。


2頭身キャラじゃないとしたら、
レベル1は、『魔界村』みたいに裸かな。


レベル3の黒いの、
よく見たら全身タイツみたいな軽装だな。
つーか、もしかして、全員そう?


おいおい、こいつがフードの男なのか?
印象違うが。


主役の目の周り赤いのメイクか?


チョコチョコ追加パーツで変化付けてくのね。
やや地味だな。


あのスーツ、やっぱりか。
おかしいと思ったんだよな。
って、また、味方が敵で敵が味方か。
まあ、いつものことだな。
スポンサーサイト



テーマ:仮面ライダーエグゼイド - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2016/10/30(日) 08:29:00|
  2. 仮面ライダー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

動物戦隊ジュウオウジャー 第36話

ハロウィンも、もう強引に根付かせてしまったよな。
さらに、企業は、感謝祭だのイースターだの根付かせて、
何か買わせようとしてるようだが。上手くいくのか?


よく見たら、FURUTAの古田織部のCM、
古田織部が商品一押ししてる設定になってんだな。
死人だったら何でもありか。


メガネのガキ、なかなかにむかつく演技だな。
上手いってことか?


サンバ怪人、モチーフ何かね。
あんなフサフサしたウミウシがいたよな。


メイド、スタイルいいなと思ったら、
あいつかよ!!
でも、TOKIO松岡よりはマシだな。


カボチャのコスプレなんてあんのかと思ったら、
あんだな。


ロボ、脚長いな。


残念ながら、演技は上手いが、
顔は、若いころの菅井きんみたいだな、
このメガネ姫。

テーマ:動物戦隊ジュウオウジャー - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2016/10/30(日) 07:57:01|
  2. TV、映画、DVD、CD感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

願い星、叶い星

41C9MR8TC3L__SX301_BO1,204,203,200_アルフレッド・ベスターの短編集、『願い星、叶い星』です。
同じ、ベスターの『コンピュータ・コネクション』を買ったときに一緒に購入していたもので、只今読了。

タイトルからして(表紙もね)、『虎よ、虎よ!』や『分解された男』とは、毛色の違うものかな?
と思ったら、その通りでしたね。
もともと、ベスターは寡作なうえ、上の2作以外あんまり評価されてないんで、どうかな、
というのはあったんですが。

でも、それぞれ楽しめましたね。
SFを大量に読み倒してきたわけではないんで、どのぐらいのレベルなのかは、
正確には判らないんですが、印象に残る話もいくつかありました。

まず、「ごきげん目盛り」は、ロボットを扱ったサイコサスペンス調の話で、
ベスターらしい毒があって面白かったです。設定がいい。狂ったような筆致には焦りましたが。

「ジェットコースター」は、ワンアイデアの時間もの。新味はないけどオチが効いてる。

「願い星、叶い星」は、恐るべき子供たちが出現したかも、というショートショートらしい話。
主人公の思い込みから発展していく感じは、安部公房作品的かも。
ほかの話もそうだけど、現実かな? 妄想かな? となったとき、
あいまいにしてても、最終的にはホントでした、みたいになるのがベスターらしさなのかな。

「イブのいないアダム」、これは、けっこうグッときましたね。
多分、これ以前にもやりつくされてきたジャンルなんだと思いますが、なにが描きたいのか、
タイトルの意味は? というのが判ったとき、生命の偉大さ壮大さを感じます。
手塚も『火の鳥』描くのに影響受けたとかなんとか。

「選り好みなし」は、皮肉めいたタイムトラベルもの。
この時期は、ホントに原爆の恐怖が現実的だったんでしょうね。

「昔を今になすよしもがな」は、核戦争後の地球最後の男女の話。
ありがちな話だけど、頭おかしいです。中編で、読み応えあり。

「時と三番街と」は、タイムトラベルもの。小品で面白くないわけじゃないんだけど、
自分的には、オチがしっくりこない。当時はあれでよかったのかな。

最後は、「地獄は永遠に」。中編で力入ってます。
こっち表題にしてもよかったんだろうけど、セールス的なこと考えたのかな。
悪魔に翻弄される話で、SFというよりは、ファンタジー。詩的で文学的なのが、ポー作品のよう。
どの地獄も、よくこんなの考えるな、というようなゾッとする、嫌がらせタップリのもので面白い。
映像化したら凄いかも。

といった感じで、全部が傑作とは言えないですが、ベスター好き、という人は読んでみてもいいかも。
少し、時間無駄にするかもしれませんが。

で、解説を読んだら、すでに既刊の短編集がもう1冊あるとか。
懲りずに頼んでしまいました。一部重なってるのに・・・・・・。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2016/10/30(日) 06:03:47|
  2. 本、コミック感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンター

プロフィール

GEN(ゲン)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

近況報告 (189)
買い物 (28)
ダビング (16)
イラスト&コミック (775)
ガンダム&イデオン (73)
イデオンリデザイン2 (1)
サイボーグ009 リデザイン (12)
ベガ(幻魔) リデザイン  (57)
ダイアポロンリデザイン (6)
ゴーディアン リデザイン (46)
アンパンマン考察 (9)
キカイダー リデザイン (98)
仮面ライダー リデザイン (47)
リミットちゃん リデザイン (20)
8マン リデザイン (46)
サリーちゃん リデザイン (20)
和登さんリデザイン (16)
作曲、音楽 (40)
ニュース (63)
TV、映画、DVD、CD感想 (2721)
仮面ライダー (1136)
MX円谷劇場 (576)
本、コミック感想 (194)
アイドル、タレント (60)
どうでもいい話 (39)
夢、作り話 (7)
未分類 (0)

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード