fc2ブログ

GEN'sログ(雑記)

イラスト&コミックのサイト「GENユニバース」の管理人GENのブログです。

TOKYO MX 円谷劇場 「ウルトラマンA」 40話

都内にデカ鼻のパンダが出現する話。

主な登場人物
「北斗星司」 男側主人公。南が早退したので今は1人でAに変身。池田鉄洋的オーバー演技傾向あり。常に怒られ役。
「南 夕子」  女側主人公。ゲッセイジンだったため早退。
「竜 五郎」  TAC隊長。必殺技「一週間の謹慎」。とにかく様子を見る男。
「山中一郎」 射撃の名手。何故か2丁の両手撃ちが基本。直情型のキ印野郎。
「吉村公三」 宇宙生物の権威。今のところ全くの空気。
「今野 勉」  ロケット工学のオーソリティー。デブキャラ。人の失敗をネタに笑いを取るのが趣味。光の速さで心が折れる男。
「美川のり子」通信、副官担当。爆弾魔。エロ担当。1回死亡後なにげなく復活。
「梶 洋一」  兵器開発主任。新興宗教の教祖のような制服着用。独特の梶理論を展開。


先週の「来年は・・・」発言の通り、昭和的正月風景からスタート。

女の子は晴着で羽子板、ガキどもはコマ回し。
勝ち逃げをきめたダンは近所の女の子と通称“パンダキチガイ”の薬局へお使いのお供。

赤いジャケット付きのミニに、これまた赤いデカいリボンを頭のてっぺんに乗せた女の子はお嬢様風。
病気の母親のために薬を買いにきたのだが、噂に違わぬパンダ狂の薬局のおやじに「でんねん、まんねん」のわざとらしい関西弁でお使いを褒められると、コレクションのパンダのぬいぐるみをプレゼントされる。

ミンミンという名の(パンダ狂の命名)そのパンダを愛でる女の子は、自分のリボンをどうやったのか判らない不明な方法で手掛かりの無いパンダの頭に結び付ける。

その後、薬局にはツバのデカイ黒い日傘帽子に黒いマントという黒ずくめの小男が侵入し、一見して狂っていると思しき言動でおかしな舞踏を繰り返すと、一瞬で店のパンダが消える。

その、ナイナイ岡村似の特撮ドラマ御用達狂人専門役者が演ずる黒マントの小男は高速で走り逃げ、ダンたちと出会って立ち話中だった北斗にパンサーで追跡される。
そのとき、子供たちを送るつもりだった北斗はパンダのぬいぐるみをパンサーに乗せたまま発進。
女の子はパンダを手放した格好になってしまう。

時速60キロ以上で走り、10メートルの川を飛び越え、異常な身体能力を見せる小男はある倉庫に逃げ込む。

追いついた北斗は、モロバレ変装の小男のなりすました清掃員のジイさんに事情を訊くが、これまた狂ったような呆けた演技をギラギラした目で返され、要領を得ないまま帰る。

正月気分の本部では、パンダ(グッズ)消失事件を肴に談笑。「TACに関係ありませんね」
ちなみに吉村、このシーンで「役不足」を正しい本来の意味で使用。

話なかばで北斗帰還。
パンダ泥棒の追跡劇を熱弁するも、「寝ぼけんな」で一蹴。
「それじゃあ、宇宙人がパンダを盗んだとでもいうのかしら」と美川。

宇宙人が否定されている世界観ならまだしも、非日常的な超現実相手に日々戦っているのにこの言い草。
たぶんTACには「北斗の最初の報告は一蹴すべし」という規則が明確にあるに違いない。
だって、ほとんどの場合北斗は間違っていないんだから。

少女に北斗からパンダを返してもらう旨を約束したダンは深夜本物のパンダを見る。

翌日、現場から入手したかじり掛けのリンゴを、疑う北斗と薬局のおやじに鑑定してもらう。
パンダの歯型とおやじが(勝手に)断定すると、今度は少女にパンダを返すためにパンサーへ。
無くて困っていると、そこへマントの小男ことパンダドロ出現。

尾行すると、やはり例の倉庫へ入り、今度は清掃員に化けたパンダドロをニセモノと見てタックガンの威嚇で脅し正体を暴く北斗。

倉庫内には大量のパンダグッズ、追い詰めた北斗の前で男は宇宙人の正体を現し、「地球人に人気のパンダを我が星に持って帰る」と聞き分けの無い子供のようなことを言い出し巨大化する。

倉庫を破ってズンズンデカくなっていく星人。
実に特撮が巧みで稀にみるワンダーさ。

北斗は瓦礫に埋もれ、ダンは気転を利かせパンサーの無線で応援を呼ぶ。
(もう、星人が出ちゃってはいるんだが、こういうときは一発で出動するんだよな)

黄色ベースのスリムな身体に、後ろ向きのブラウン管テレビの頭が付いて、丸ノコの付いた角が三又に生えた星人はビルを踏んだり蹴ったり。

そこへ、昨夜のパンダ(本物)が現れみなヤキモキ。
薬局のおやじも参加して「パンダー!!」「パンダー!!」と連呼。

パンダのピンチに北斗自動変身。

ダンたちとパンダをちょっとだけ脇にずらすと、オープンセット(空だけだが)も使って大格闘。
火炎吐きに悩まされるが、最終的にメタリウムで木っ端。

なのだが・・・、星人に火が付いたあげくトンでもない火柱が上がり、燃える破片が周囲に散乱。
ダンたちは大喜びだが、たぶん都内は大空襲なみの大火災。

本物のパンダが中国から盗まれたものと判明し、パンダグッズがそれぞれに返還され大団円。


やや迷走気味の一本。
パンダ人気の渦中パンダの話を作るのは至極当然だが、ここまで意味がないとどうなのか・・・。

今回は、パンダドロの怪演も見所だが、なんといってもミニチュア特撮の巧みさが秀逸。
倉庫等の出来が素晴らしく、小物を見なければ実景と間違えそうなほどの所も。

惜しむらくは、スチール星人巨大化のとき倉庫から直接出てくるカットが欲しかった。

それと、スチール星人自体のデザインも面白く、足先など細部までなかなか凝っている。
ただ、いやらしさも感じる異常に肥大した人差し指は何なのか?

あと目に付いたところは、子役の演技のダメさ加減とパンダのキグルミのドイヒーさ。
子役は、ダンも含めて冒頭から棒の連続で稀に見るダメさ。
パンダのキグルミは鼻の部分の黒いところがデカ過ぎて、目の周りの黒いところが3つあるように見えるありさま。
そんなの中国に返したら国際問題になるぞ。
スポンサーサイト



  1. 2010/03/29(月) 05:17:15|
  2. MX円谷劇場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<天装戦隊ゴセイジャー epic8 | ホーム | パプリカ(小説版)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://gen68.blog.fc2.com/tb.php/1004-612ac158
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

GEN(ゲン)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

近況報告 (187)
買い物 (28)
ダビング (16)
イラスト&コミック (728)
ガンダム&イデオン (73)
イデオンリデザイン2 (1)
サイボーグ009 リデザイン (12)
ベガ(幻魔) リデザイン  (57)
ダイアポロンリデザイン (6)
ゴーディアン リデザイン (46)
アンパンマン考察 (9)
キカイダー リデザイン (98)
仮面ライダー リデザイン (47)
リミットちゃん リデザイン (20)
8マン リデザイン (46)
サリーちゃん リデザイン (4)
作曲、音楽 (39)
ニュース (63)
TV、映画、DVD、CD感想 (2636)
仮面ライダー (1079)
MX円谷劇場 (576)
本、コミック感想 (187)
アイドル、タレント (60)
どうでもいい話 (39)
夢、作り話 (7)
未分類 (0)

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード