fc2ブログ

GEN'sログ(雑記)

イラスト&コミックのサイト「GENユニバース」の管理人GENのブログです。

TOKYO MX 円谷劇場 「ファイヤーマン」 22話

宇宙人がじいさんに脳天めがけてナタを振り下ろされる話。

主な登場人物
「岬 大介(ミサキー)」(誠直也)21歳。元地質考古学研究室勤務。実はアバン大陸人で地底人。マグマエネルギーでファイヤーマンに変身。燃える男。意外に平山浩行似。
「海野(うんの)軍八」(睦五郎)40歳。SAF隊長。海洋学と生物学の権威。元海洋開発センター勤務。リーダーの才覚あり。「たけしくん、ハイ!」でたけしの幼少期を演じた小磯勝弥似。躊躇しない男。
「水島三郎」(岸田森)28歳。SAF副隊長。宇宙工学博士。元宇宙開発センター研究室所長。沈着冷静でそそっかしい変わり者。小ボケ多し。
「千葉 太」(平泉征)25歳。工学博士。シーマリン号設計者。肉体派。岬の友達的存在。完全なお笑い担当。アフロを被るとアダモステ似。
「葉山マリ子」(栗原啓子)20歳。プログラマー。海野の助手。超記憶力の持ち主、らしいが今のところ素振りもなし。セリフは棒。


冒頭、ややとぼけた快音と共に巨大隕石が奥深い山間に落下。
程なく山の川原にぞろっとした民族衣装的なものを着た集団が現れ、奇声を発しながら激しく乱舞、尋常ならざる事態を感じさせる。

通常の隕石ではないとみたSAFは調査を開始。毎度おなじみ岬と千葉が現地に乗り込み放射能を検出する。

隕石の落下した村の川で遊ぶ幼い兄弟。
そこにキコリを自称する通称“ホラ吹きじいさん”なる老人が背負子担いで現れ「山に入る」というが、兄弟に「隕石をSAFが調査中なので立ち入り禁止だ」と止められる。すると、すかさず「昨日のは隕石ではなくUFOじゃ」「わしが電話して呼んだ」とホラを吹く。
じいさんから親分と呼ばれてまんざらでもない兄は即、「ホラだ」と見破るが、異様に鼻詰まった弟の方は「宇宙人の電話番号知ってるの?」と既に尊敬の眼差し。じいさんはその後、岬たちにも注意されるが結局山に入っていってしまう。

じいさんが川原で休んでいると、傍らに野草を頬張っている、ロシアの民族衣装のようなもの着た気の触れた小男がいるのを発見。
気の触れた男がしゃべると(奇声のような唸り)画面は縦に潰れ異様な雰囲気。
聞けば空からやってきた宇宙人だという。
自分の嘘がまことになって慌てたじいさんは逃げようとするが揉み合いとなり、背負子を放さない気触れ男に怒りがこみ上げナタを脳天に見舞ってしまう。
頭のナタを前後にグリグリ動かすじいさんであったが、気触れは喜ぶように笑うだけ、傷も付いていない様子。
その後化け猫に操られるようにクルクル回され倒されるとじいさんは連れ去られてしまう。

悲鳴を聞いた岬と千葉は、川原で気触れ男が腕から発した白い粉の付着したナタを回収。
本部の調査で粉は“ストロンチューム90”を含む放射性物質と判明、改めて警戒を強める。
水島はここぞとばかりに岬と千葉に放射線防御塗料(ファンデーションタイプ)を渡す。
岬は手にとって確かめると「お前が毒見しろ」と言わんばかりに「じゃっ、先輩から」と千葉の顔にベトォ~~。千葉はされるがままに、目だけで怒ってハナ肇ライクなコメディアンぶりを発揮。

山道を歩く兄弟。帰ってこないホラ吹きじいさんを心配し、もう半ば宇宙人にやられたものとして「いい人だったね」と過去形の長ゼリフを壮絶な鼻詰まり声で語り尽くす弟。
岬たちに出会い「じいさんの仇を取りに宇宙人をやっつけに行く」と訴えるが、宇宙人のことをまだ知らない岬たちにあしらわれるようにして追い払われる。

相当川原が好きとみえ、またしても川縁の岩で休んでいる気触れ男たち。
じいさんを囲み、青い服のナタを食らった男以外に赤い服の3人の若い気触れたちも加わり、何処から見つけてきたのかセロリやほうれん草、アスパラガスなどをバリバリ。(草食性とナレーションあり)
一時も休まず怪しく舞踏を続けながら、じいさんが自分の星に連れ帰るにはくたびれている、とみると、耳から怪光線を発し昏睡させてしまう。

言うことも聞かずズンズン山に分け入ってしまっていた兄弟はカンシャク球で抵抗するが気触れ男たちに捕まってしまう。音を聞きつけ岬と千葉が駆けつけ、宇宙人と判ると大乱闘に発展。
が、千葉がすぐさまストロンチューム90を浴びせられ、またしてもハナ肇の銅像コントの如き顔にされてしまい逃げられてしまう。千葉は情けなく呻く「あぁぁあぁぁぁ~~」。

単独で追い駆ける岬。気触れ男たちと対峙すると、「子供たちは渡さぁ~ん」と山田隆夫似の赤気触れ男の演説が始まる。
それによると、母星のプリマ星は地球と組成を同じくするらしいが、著しく進化に遅れ、文明程度は原始時代のそれ。よって地球人をさらい地球と同程度の文明を手に入れるのだという。
岬は、「違う惑星の原始人がどうやって地球に来たんだよ」と言いたげな困り果てたような怒っているような、小便を我慢しているような微妙な顔をして棒立ち。
青気触れのスプレー攻撃をかわすうちまた逃げられる。

千葉の連絡を受けマリンゴン発進。

川原では、また気触れたちがムシャムシャ。そばには縛られた兄弟と昏倒中のじいさん。
「地球のウイルスにやられた」と顔をテカらせのた打ち回る青気触れ。しばらく怪演とコントが続く。

マリンゴンが到着すると宇宙人から「マリンゴンを渡せ」との脅しメッセージ受信。山の木を枯れさせ「見たかぁ~!!」

海野のアイディアでマリンゴンで引き付けその間に救出することとなり、水島が強引に囮役を海野から奪うと作戦決行。

気触れたちも「そんな浅はかな作戦は承知」とばかりに岬と水島に陰から襲いに掛かるが、そのまま乱闘になり海野たちも加わり気触れたちは追い詰められる。
ズンズンと横一列に銃を構えたSAF隊員たちを前に、気触れたちは苦し紛れに川に逃げ込みそのまま合体。

現れたのは丸坊主に血管のような赤いひび割れが走ったゴジラ型アラバスター怪獣。
岬は変身し、アラバスターの足首掴んでブンブン。最後は背後からの面白いアングルでのフラッシュで頭部を木っ端に粉砕し、首無し死体にしてフィニッシュ。

岬がホラ吹きじいさんと現れ全員集合。
じいさんが「電話番号を間違えて悪い宇宙人を呼んでしまったらしい」「だが、ファイヤーマンに変身してやっつけちまった」と気転の利いた大ボラ吹き、すかさず弟が「ホラ吹きじいさんがファイヤーマン!?」と、再度壮大な鼻詰まり声で尊敬しEND。


なんといっても大村千吉のキ○ガイ演技が凄い。
が、それだけ、の話のような気もする。

内容はもちろん無いのだが、それにしても地球より文明的に劣っている星から侵略者が来るとはどういうことなのか。どうやって解釈しても納得がいかない。「じゃあ、お前らは原始人なのか?」と。

話の構成も、“注意される”、“無視する”、“助けられる”を繰り返すだけという、なんともな感じ。

また、宇宙人の合体が、組み体操こそしなかったけれど「ミラーマン」のインベーダーを彷彿とさせた。

怪獣は造型もデザインも殺され方も酷かった。
スポンサーサイト



  1. 2010/12/06(月) 06:41:53|
  2. MX円谷劇場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トップをクリスマスイラスト「ホワイトクリスマス」に。 | ホーム | 特別企画 ビンテージアニメ・リメイク「レインボー戦隊ロビン」(GOROさんリクエスト)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://gen68.blog.fc2.com/tb.php/1153-7d232d2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

GEN(ゲン)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

近況報告 (189)
買い物 (28)
ダビング (16)
イラスト&コミック (766)
ガンダム&イデオン (73)
イデオンリデザイン2 (1)
サイボーグ009 リデザイン (12)
ベガ(幻魔) リデザイン  (57)
ダイアポロンリデザイン (6)
ゴーディアン リデザイン (46)
アンパンマン考察 (9)
キカイダー リデザイン (98)
仮面ライダー リデザイン (47)
リミットちゃん リデザイン (20)
8マン リデザイン (46)
サリーちゃん リデザイン (20)
和登さんリデザイン (8)
作曲、音楽 (39)
ニュース (63)
TV、映画、DVD、CD感想 (2701)
仮面ライダー (1123)
MX円谷劇場 (576)
本、コミック感想 (193)
アイドル、タレント (60)
どうでもいい話 (39)
夢、作り話 (7)
未分類 (0)

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード