fc2ブログ

GEN'sログ(雑記)

イラスト&コミックのサイト「GENユニバース」の管理人GENのブログです。

TOKYO MX 円谷劇場 「ウルトラマンタロウ デジタルリマスター版」 1話

篠田三郎とペギー葉山がねちっこく見つめ合う話。

<主な登場人物>
■ZAT極東支部メンバー
東光太郎(篠田三郎):本作主人公。勇気と行動力と子供好きが講じてZATへ横入り後、死に損なって日本名の宇宙人と合体。とにかく好青年の22歳。
朝日奈勇太郎(名古屋章):ZAT極東支部隊長。光太郎をスカウトした張本人。白鳥船長とは友人。ユーモアと洞察力を兼ね備えてはいるが、重い出社拒否症。内職が忙しい42歳。
荒垣修平(東野孝彦):出て来ない隊長の代わりに指揮をとる実質隊長の副隊長。鷹揚で人望が厚い大食漢の29歳。
北島哲也(津村秀祐):情報分析および兵器開発担当。つりキチ○○の27歳。
南原忠男(木村豊幸):操縦、射撃はお手の物。根っから明るい宮崎出身22歳。
西田次郎(三ツ木清隆):放電好きの光太郎の弟分。隊では先輩だが、年は光太郎より下の19歳。
森山いずみ(松谷紀代子):通信担当で戦闘も得意。家事も出来ちゃう気の利く18歳。
■白鳥家
白鳥潔(中村竹弥):大型タンカー船長。日本帰国時に光太郎を乗せた縁で下宿させる。妻とは死別。ご先祖が隠密支配だったかは不明。
白鳥さおり(あさかまゆみ):白鳥家長女。亡き母の代わりに家を切り盛りする。出来のよい18歳。
白鳥健一(斎藤信也):白鳥家長男。明朗快活で行動派。光太郎とタロウに憧れている小学5年。

タンカーからダイブした光太郎がびしょ濡れで日本に上陸。砂漠で100年に1度しか咲かない球根をその辺に植える。オイル目当てに、いきなり日常の一場面の如く怪獣が現れ、ZAT急行もコンビナートが背景で手が出せず。光太郎当たり前のようにいきり立ち、港湾のクレーンで怪獣引っ掛け嫌がらせ。結果チェーンが切れてクレーンぐるぐるも追い返すことに成功。夕方、球根を見に行くと、わんさか株がわかれて花が一面に満開。光太郎、1ミリの疑問も持たずに小躍り有頂天。その夜、ZAT西田が気が狂ったようなデコトラでパトロールしていると怪獣の一部を例の花あたりで発見。その後、ZATで焼却することになると、寝袋の光太郎が「あちぃ~~!!」 チンドン屋的火炎放射器を持っていたZAT北島と殴り合い。ボクサー崩れの光太郎が一方的にリンチに合わせていると、さっきと違う怪獣。昼間の怪獣も現れると、新たに現れた怪獣の腹に咲いた花に飲み込まれる。(腹の中は異次元か?)腹の花が自分の球根だと知った光太郎は、自分で退治すると怪獣に喰らい付く。飛んだ怪獣から振り落とされた光太郎は、翌日半死の状態で子供たちに発見される。年長の女の子の介抱を受け「綺麗だ・・・」とか寝言を言ってると、子供たちのはからいでミドリのおばさんと交代。しかし、これが亡き母と瓜二つ。見つめ合い気持ち悪い時間が流れると、おばさん謎のプレゼントをくれる。CM後、ZAT本部では何故か光太郎を新隊員に迎えてメンバー紹介。怪獣が出ると、みな疑問も持たずに出撃。そうとう簡単なのか光太郎もジェット機的な不思議メカで出て行く。怪獣が接近すると、東京を見捨てて飛んで逃げるZAT本部。やっぱり無理だった光太郎は墜落死して謎の空間へGO。巨乳の宇宙人に迎えられると、ツルンとした赤銀の人たちに見守られ、生まれ変わりの儀式。「お前たちはこうして生まれた」と明らかな嘘が響くと、みなピース!!しばらくウニョウニョと変態のプロセスがあると、ミルクの波紋からパーを突き出す角の生えた宇宙人出現。そのまま現実世界に飛び出すと大暴れで怪獣を痛め付け、胸の電球が赤くなると、物凄いリバーブの掛かった声で「ストリュームこーせん!!」 腕を左に寄せたTの字にするとホログラム的に明滅する光線が噴射。怪獣木っ端になってフィニッシュ。さっそく、光太郎の「おーい!!」があって、下宿先の紹介。そこが実は、冒頭で世話になったタンカーの船長の家で、娘と息子は怪獣から落下したとき介抱してくれた子たちであった。困ったような疑問顔になる名古屋章。幸太郎は「考えさせてくれ」と夕焼けの中に駆け出し、昼間のおばさんのことを思い出し含み笑い。なんか、小人みたいな不気味なシルエットの浮かぶ夕陽に、制服に勝手にアレンジで巻いてるスカーフを振ってEND。


円谷10周年記念作品3作のうちの1作ですが、ほかの『ジャンボーグA』と『ファイヤーマン』に比べて段違いで今っぽいというか、都会的なセンスを感じる。気がする。
都会が舞台というのもあるけど、あのマニエリスム的なデザイン郡がそうさせてる気も。

記憶と違っていたのは、光太郎がやっぱり70年代的破天荒型主人公だったこと。意外と粗暴でビックリ。

気になったのが、今までシリーズ積み上げてきた自負なのか、お約束の説明がことごとく端折られてたこと。
いきなり入隊とか、ペギーのプレゼントとか、「おーい」とか。あれじゃZATは疑問を抱いちゃいけない全体主義思想の組織なのかと思うぞ。あとタロウの誕生があのときだってのはどう考えてもヘンではないかい?

それと、基地が逃げ去るのも驚いたな。
そもそもあんな都会の真ん中に軍事基地があるのもどうかと思うけど。

それにしても、制服にしても兵器類にしても、すんごいデザインだな。思いっきりインフレしてるのがむしろ清々しいくらい。制服はユニオンジャックだと思えばイギリスのロッカー風でカッコいいかもな。って、なんでユニオンジャックじゃなきゃなんないんだよ。
ZATのチンドン感、要注意だな。

よかったところは、エフェクトがカッコよかったとこと、BGMがけっこうシャレオツだったこと。OPもそうだけど、チュ~~~ンて下がってくるモーグみたいなシンセ音は、ちょっとバンゲリスっぽくてよかった。ワンダバもシャバダバ言っててオシャレ。OPはギターのカッティングが全編に入っててこれもいいね。
スポンサーサイト



  1. 2013/12/09(月) 06:28:59|
  2. MX円谷劇場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リーガルハイ(第2シリーズ) Vol.9 | ホーム | HPのトップを「サンタ着陸中につき注意!」へ変更>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://gen68.blog.fc2.com/tb.php/1779-f5e5bbf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

GEN(ゲン)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

近況報告 (189)
買い物 (28)
ダビング (16)
イラスト&コミック (766)
ガンダム&イデオン (73)
イデオンリデザイン2 (1)
サイボーグ009 リデザイン (12)
ベガ(幻魔) リデザイン  (57)
ダイアポロンリデザイン (6)
ゴーディアン リデザイン (46)
アンパンマン考察 (9)
キカイダー リデザイン (98)
仮面ライダー リデザイン (47)
リミットちゃん リデザイン (20)
8マン リデザイン (46)
サリーちゃん リデザイン (20)
和登さんリデザイン (8)
作曲、音楽 (39)
ニュース (63)
TV、映画、DVD、CD感想 (2701)
仮面ライダー (1123)
MX円谷劇場 (576)
本、コミック感想 (193)
アイドル、タレント (60)
どうでもいい話 (39)
夢、作り話 (7)
未分類 (0)

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード