fc2ブログ

GEN'sログ(雑記)

イラスト&コミックのサイト「GENユニバース」の管理人GENのブログです。

TOKYO MX 円谷劇場 「ウルトラマンタロウ デジタルリマスター版」 19話

タロウが腕輪を投げ付ける話。

<主な登場人物>
■ ZAT極東支部メンバー
東光太郎(篠田三郎):本作主人公。勇気と行動力と子供好きが講じてZATへ横入り後、死に損なって日本名の宇宙人と合体。とにかく好青年の22歳。女性にはイタリア人なみにストレートにアピールする男。
朝日奈勇太郎(名古屋章):ZAT極東支部隊長。光太郎をスカウトした張本人。白鳥船長とは友人。ユーモアと洞察力を兼ね備えてはいるが、重い出社拒否症。内職が忙しい42歳。
荒垣修平(東野孝彦):出て来ない隊長の代わりに指揮をとる実質隊長の副隊長。鷹揚で人望が厚い大食漢の29歳。攻めてるファッションのダンディーじゃがいも。
北島哲也(津村秀祐):情報分析および兵器開発担当。つりキチ○○の27歳。
南原忠男(木村豊幸):操縦、射撃はお手の物。根っから明るい宮崎出身22歳。口のあたりがアナゴさん。
西田次郎(三ツ木清隆):放電好きの光太郎の弟分。隊では先輩だが、年は光太郎より下の19歳。8話で宇宙ステーションV9に飛ばされる。
上野孝(西島明彦):8話より突然赴任。18歳の最年少。長髪のイケメン。
森山いずみ(松谷紀代子):通信担当で戦闘も得意。家事も出来ちゃう気の利く18歳。
■ 白鳥家
白鳥潔(中村竹弥):大型タンカー船長。日本帰国時に光太郎を乗せた縁で下宿させる。妻とは死別。ご先祖が隠密支配だったかは不明。
白鳥さおり(朝加真由美):白鳥家長女。亡き母の代わりに家を切り盛りする。出来のよい18歳。
白鳥健一(斎藤信也):白鳥家長男。明朗快活で行動派。光太郎とタロウに憧れている小学5年。


 またしても、先週の続き。神出鬼没の七面鳥に手を焼くZATにはクレーム山。仕方ないので、苦肉の策で、日本から肉という肉を隠して回る。大熊山では、いまだ死にっぱなしの野晒しゾフィ。タケシが雨に打たれるゾフィの巨大な死体を憂えると、母親はすかさず「そりゃあ、雨が降れば何でも濡れてしまうのは仕方ないわね」と、「くだらないこと言わないの」的にいさめ、何もなかったかのように窓を閉める。病室には、タケシの隣に父親のベッド。タケシがゾフィを可哀想だと嘆くと、母親はメラメラと復讐心が湧いて出たか「それというのも、みんなZATがだらしないからよ」と毒づく。父親は「我々も被害者なら、ウルトラ兄弟も被害者」「ZATも東も一生懸命やっている」と、たしなめるが、母親は「あなたは、どっちの味方なの!!」と眉を吊り上げるばかり。
 一方、健一は東のことを想い、森から飛び出してきた、ランニングに赤ジャージのおっさんに笑顔で「光太郎さん!!」と声を掛けてしまい撃沈。
 そのころ、謎のスタジオ的空間では、テーブルと半球型のアクリル装飾が小さ過ぎて、膝を立てて寝ている(中に入ってる)タロウに向かって、ウルトラの母がヴォーギング。光のシャワーがタロウに浴びせられると、カラータイマーが点滅し始めタロウ、息を吹き返す。すると、母は、もう一度戦って来いと偽物のロレックスのマークみたいな金属の腕輪をよこす。
 都内某所では、健一が愛犬に東を探させようと悪戦苦闘。そうこうしていると、肉を隠された七面鳥が怒りに狂って団地を襲い始める。蜂の巣やアリ塚を襲う捕食動物のように、窓にクチバシを突っ込んで人間を摘み出しては食べて行く姿は、さしずめ『進撃の巨人』。 ZATが地味に地上から攻撃し、保護された健一がウルフ777の中で丸焼きになりかけるとタロウ、いきなり登場。何故か、腕輪だっつーのに王冠ぐらいにリサイズすると、それを投げ付け始めるタロウ。その攻撃が余程嫌いなのか七面鳥はほうほうのていで逃げ去る。その後、あっさり東が帰ってきて、「ウルトラの母に助けられた」とうそぶき合流。
 大熊山病院に現れた東は謝罪。タケシの母親は即刻「帰ってください!!」と声を荒げる。そこでひと悶着やっているうち、東は、怪獣出現とカナリアの暴れ方に関連があることに気付く。「怪獣の巣がこのへんにある」と、東が持論をぶち上げると、母親は激怒し「あなたが来ると怪獣が出る」と言い掛かりを付け始めるが、大熊山を調べるため、東ぶっちぎって退出。
 なんと、まだ谷を調べていなかったZATは、調査の結果、あっさり七面鳥の巣を発見。卵も見つけると即ZATガンで処理。七面鳥が飛び出してくると形勢不利に。病院に戻り、タケシ一家を非難させ、応援のホエールが墜落し、調査班の面々が火に炙られると、東変身。
 いきなりスライディングで奇抜に現れるタロウ。カラータイマーは、真新しく真っ青に光る。またしても腕輪を王冠ぐらいにすると七面鳥のクチバシにスポッ。双方飛んでドッグファイトとなると、タロウは腕輪の効能で分身。二手に分かれると、追っていた七面鳥は何故か直進してしまい、自ら巣穴に落ち込むが、衝撃が相当だったのか、そのまま爆死。
 その後、タロウがゾフィのフニャフニャの遺体を母と担ぎ、その光景を見ていたタケシの父が「我々家族は恵まれてる」と、母親を再教育し、タケシがその光景を見ようと包帯を取るも見えず、思い余った母親が泣いているタケシの両目に口を付けると、突然目が見えるようになるという、疑わしい奇跡が起こる。 死んでいたゾフィが、まるで生きているように両手を掲げて一緒に飛んで帰り、タケシとZATが見送るとEND。


内容が薄い。水増しし過ぎ。

鳥の何処が強いんだかサッパリ判らない。強くないんじゃないかと思う。タロウとゾフィがウッカリしてただけに見える。
作戦もグダグダなら、鳥の死に方もいい加減。病院からも何度避難してんのか。1話分の脚本で3本撮ったのかと疑いたくなる。スタッフ全員忙しかったのか?
新たな武器もなかなかに意味不明で、投げ付けたときには焦った。

唯一、ドラマ的な母親と東の確執も、あれじゃ、たぶん母親の恨みは全然晴れてないだろう。
それと、取って付けたみたいな奇跡はいらない。奇跡起こすような母親の強い愛情みたいなのなかったし。
加害対象を無理やり設定して怒りをぶつける、といった陥りやすい被害者感情みたいなのはよく出てたけど。

ちから入ってるはずの前中後編だったのに、この体たらくだから死んだゾフィも浮かばれない。
せめて、面白くなくても、散漫じゃない話が見たい。
スポンサーサイト



  1. 2014/04/28(月) 03:46:06|
  2. MX円谷劇場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<烈車戦隊トッキュウジャー 第11駅 | ホーム | 仮面ライダー鎧武 第27話>>

コメント

リアルタイムで「ウルトラマン」を観ていたとき、30分一話完結がとても魅力的でした。同時期に放映されていた「マグマ大使」は4話で1エピソードが完結するので、とてもじれったかったのを覚えています。
確かに3話連続はちょっとやりすぎのような気がしますね。当時の子どもたちはどう思ったのでしょうか。タロウはやられるわ、ゾフィー(の顔)が燃えるわ、死んでしまうわ、次回はどうなるのか、ワクワクもんだった…んでしょうね、たぶん。
  1. 2014/05/02(金) 17:32:49 |
  2. URL |
  3. kei #u/iAkt.g
  4. [ 編集 ]

普段と違って、イレギュラーだっていうだけで興奮してたでしょうね、当時の子供は。

でも、同時にゾフィ弱いなとも思ったでしょうね。
母はゾフィにも命を与えてやればよかったのに、そうはしないんですね。他人の子だからですかね。
  1. 2014/05/03(土) 00:55:53 |
  2. URL |
  3. GEN #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://gen68.blog.fc2.com/tb.php/1856-4dfb6693
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

GEN(ゲン)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

近況報告 (189)
買い物 (28)
ダビング (16)
イラスト&コミック (775)
ガンダム&イデオン (73)
イデオンリデザイン2 (1)
サイボーグ009 リデザイン (12)
ベガ(幻魔) リデザイン  (57)
ダイアポロンリデザイン (6)
ゴーディアン リデザイン (46)
アンパンマン考察 (9)
キカイダー リデザイン (98)
仮面ライダー リデザイン (47)
リミットちゃん リデザイン (20)
8マン リデザイン (46)
サリーちゃん リデザイン (20)
和登さんリデザイン (16)
作曲、音楽 (40)
ニュース (63)
TV、映画、DVD、CD感想 (2721)
仮面ライダー (1136)
MX円谷劇場 (576)
本、コミック感想 (194)
アイドル、タレント (60)
どうでもいい話 (39)
夢、作り話 (7)
未分類 (0)

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード