fc2ブログ

GEN'sログ(雑記)

イラスト&コミックのサイト「GENユニバース」の管理人GENのブログです。

イデオン、リデザインその1

ブログに『ガンダム』なるカテゴリーを作って放置して、はや10年弱。
その間にも、ガンダムやザクのスケッチを少なからず描いてはいますが、いまさら載せる気にもなれず。

で、『イデオン』に話は飛ぶんですが、『イデオン』はもう、それこそ10年以上前にリメイクイラスト描いてるんですが、あんまり気に入ってないというか、いたずら描きみたいなものなんで、もう1回どうにかしたいなと。

しかし、本気でやるなら、これは『ガンダム』と同じぐらいの時間と手間を掛けないといい物にはならない(10年掛けるって意味じゃないですよ)であろうと。
要は、いっぱい描くということですが。

一応、そのためには、デザインの方向性とか考えるのに資料集めたり、準備が必要なんですが、たいして集める前に我慢できずに描き始めちゃった。 で、なし崩しにズルズル描き始めてしまい、4月にハンディースキャナを買ったこともあって(これを気軽にアップしたくて買ったんですが)、もうブログに上げてしまえ、ということでカテゴリーを “ガンダム” から “ガンダム&イデオン” に変更。

そんなわけで、今回からどのくらい続くのか判りませんが、『イデオン』のリデザインが出来るまでを逐一アップしていきたいと思います。



第1回目の今回は、どういう考えの元にリデザインしていくのか? という考え方の方向性と、最初のスケッチを掲載したいと思います。

まずは、イデオンとは何か。
富野喜幸監督が『ガンダム』の次に作ったサンライズ制作のアニメのことですが、ここを見ている人で、『イデオン』全く知らないという人は少ないと思うんで、判らないという人だけ伝説巨神イデオンのwiki見てみてください。

で、イデオンとは100メートルを越す巨大ロボットで、第六文明人の遺跡から出土した遺物です。
だから、造ったのは、第六文明人。

ここで、第六文明人の説明を、映画のパンフレットから抜粋。

   第六文明人

 遠い過去の宇宙では、第六文明人(地球人が6番目に遭遇した知的異星人)が繁栄していた。高度な科学文明を持つ彼らは、精神エネルギーの利用を考えていた。精神エネルギーを物質エネルギーに転化する金属・イデオナイトを開発し、それをとり入れた巨大な乗物--イデオンとソロシップを建造したのである。
 しかし、このシステムの力は、第六文明人の想像を超えるものだった。実験的にはコントロールできたが、数億に及ぶ第六文明人の意志を結集した時、爆発的に始動してしまったのである。
 精神エネルギーによる「意志の場」を作ることにとどまらず、第六文明人すべての意志を吸収しつくしたのだ。こうして誕生したのが”イデ”である。”イデ”ができた時、”イデ”本体は自身のパワーを知らなかったために、第六文明人を滅ぼしてしまったともいえる。
 そして、”イデ”と、それにともなうイデオン、ソロシップだけが残った。イデオンが全高100メートル以上というスケールなのは、第六文明人の体格が人間の2、3倍だったからと考えられる。 第六文明人は、精神的にも肉体的にも”巨人”だったのだ。
 第六文明人の滅亡は、地球人とバッフ・クランの創造につながった。”イデ”は第六文明人の残滓である有機体を、双方の惑星に埋め込んだのだ。それが人類に進化するためには、億単位の歳月が必要だった。その間”イデ”はソロ星の地底で、自分を正しく使用してくれる人類を待っていたのである。このため、地球本星とバッフ・クラン本星は、ソロ星を中心にほぼ等位置にあるわけだ。(THE IDEON 映画パンフレット)


こんな感じで、『スタートレック』にもあったような設定で、実は、地球人(とバッフ・クラン)の発生の元になった有機体が第六文明人のものだった。 逆に考えれば、第六文明人と地球人は似ていると考えられる。 収斂進化的な考えからも似ていて当然ともいえる。

で、イデは、パンフの説明のとおり神というわけではないけれど、人からすると限りなく神に近い。 そうすると、それを入れる器であるイデオンは神の似姿ということになる。 たいてい、どんな神話でも人間は神の似姿で創られるものなので、アニメで描かれたイデオンの姿こそが、第六文明人の姿を模していると考えたい。

本当は、第六文明人の姿が判れば、それからイデオンに持っていきたい(反映させたい)ところなんだけど、何処探してもないんだよね。
なんで、しょうがないから、イデオンが第六文明人の姿に似せてあると仮定して、そこから第六文明人のデザインをまずして、それをさらにイデオンに昇華させていこうと、こういうコンセプトです。

整理すると、アニメのイデオンのデザインから第六文明人をデザイン → そのデザインをもとにもう一度イデオンをリデザインという流れ。 イデオン(第六文明人)が人間とほぼ変わらないスタイルなのは、パンフの説明のとおり。

そこで、さらに問題になってくるのは、イデオンが遺跡の遺物ではあるが、いわゆる地球で言うところの古代文明の遺産ではないということ。 つまり科学が進んでいても未来的でもおかしくはないということ。 これは、何をして未来的、科学的とするのかという問題にもなってくるけれど、押さえておきたいポイントの一つ。

さらには、発掘されたイデオンは、地球人の手によってかなりのレストアがされてるという事実。 姿かたちが変わるほどの変更はないけれど、ディティールに変化はあったはず。

あとは、100メートルを越す巨大感をデザインでどう表現するか。

こういった、もろもろのことを順番に処理していくはずだったんですが・・・・・・、
我慢できずに描き始めたって書きましたよね。

いきなりイデオンから描いちゃったんです。
それがコレ。


ideon_re-design_sketch1.jpg

左から右に順に描いてったんですが、もう、コンセプトもクソもありません。 なおかつイデオンにも見えません。

イデオンの特徴的意匠を残しつつ、なるべく変化させようと(特にシルエット)描いたのが左端。
何だこれ、おかしいだろ、と真っ直ぐに身体を起こしたのが真ん中。
それを、いたずらに土偶風にしたのが右端。

あれだけ、コンセプトに拘ったのにこれ。
いま、すでに7枚ぐらい描いてますが、結局、この右端のまま進むことに・・・・・・。

もちろん、軌道修正はしましたが、いきなり脱線して迷走。
ほんとに完成すんのか不安です。


次回からは、1回のアップで1枚ずつ解説付きで載せていきたいと思います。

ちなみに、キカイダー以来、久々にスキャナを使ったら、もうおかしい。
基本、このスキャナは、カラーでしか取り込めないんですが、スキャンしたら画像に緑色の薄いラインが走ってて、グレースケールにしても残っちゃう。
安くない買い物だったのに失敗だったか、もしくは、不良品つかまされたか、と思ってゲンナリしてましたが、説明書読んで、キャリブレーション(スキャナの調整)、というのをやったらあっさり直りました。

むぅ~~、値段だけのことはあるな。
よかった。
スポンサーサイト



テーマ:自作イラスト(二次創作) - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/08/07(木) 19:34:53|
  2. ガンダム&イデオン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<烈車戦隊トッキュウジャー 第23駅 | ホーム | 『成田亨作品集』購入>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://gen68.blog.fc2.com/tb.php/1912-2d59d2bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

GEN(ゲン)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

近況報告 (189)
買い物 (28)
ダビング (16)
イラスト&コミック (780)
ガンダム&イデオン (73)
イデオンリデザイン2 (1)
サイボーグ009 リデザイン (12)
ベガ(幻魔) リデザイン  (57)
ダイアポロンリデザイン (6)
ゴーディアン リデザイン (46)
アンパンマン考察 (9)
キカイダー リデザイン (98)
仮面ライダー リデザイン (47)
リミットちゃん リデザイン (20)
8マン リデザイン (46)
サリーちゃん リデザイン (20)
和登さんリデザイン (19)
作曲、音楽 (41)
ニュース (63)
TV、映画、DVD、CD感想 (2733)
仮面ライダー (1144)
MX円谷劇場 (576)
本、コミック感想 (194)
アイドル、タレント (60)
どうでもいい話 (39)
夢、作り話 (7)
未分類 (0)

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード