fc2ブログ

GEN'sログ(雑記)

イラスト&コミックのサイト「GENユニバース」の管理人GENのブログです。

TOKYO MX 円谷劇場 「ウルトラQ」13話&「怪奇大作戦」 1話

『Q』は、ガラダマ。
話も特撮も申し分なく傑作の部類か。 ストーリー的には薄く投げっ放しだが、程よくサスペンスもあり、むしろスタイリッシュ。 いつもある矛盾も少なく見やすかった。
特撮に関してはダム周辺のミニチュアが相当デカく、ダム自体の出来も非常によい。 外宇宙からの外敵が送り込むロボット侵略兵器と聞いて、ガラモンのデザインを描く成田亨はとてもじゃないが常人の発想とは思えない。


『怪奇大作戦』は、壁を抜ける怪盗の話。
『怪奇』は初めて見るが、非常に面白かった。 もうちょっと子供向けなのかと思ったが、大人の話として纏まっていて意外な驚き。
一見怪奇現象だが実はトリック、という謎を暴くタイプの話としては、かなり先駆的な作品だし、上手くやれば『Xファイル』のような作品にもなったか。
SRIの面々も、拙いながらも、あくまで科学力で状況を打破しようとする姿勢には好感が持てた。 あとは、表現がスマートであれば申し分ないのだが、当時はスマートであった円谷でもキングアラジンがあの顔なのは勿体ないなかった。 演者の田口計氏の顔が若干異形なのと、あの逆ダンゴムシポーズで一種異様な恐怖が。 そっちの怪奇はいらんのだが・・・・・・。
壁抜けのタネ明かしは、今だったらそのまま光学迷彩で、これは先見の明があったなと思った。 50メートルであの鉄の箱があんなにひしゃげるかは疑問。
あと、EDが聴いたことはあったあったんだけど、いかにも泥臭いアレンジで腰砕け。 山本直純と玉木氏とどちらが作ったんだか知らないが、玉木氏だとすると『大江戸捜査網』のテーマを作った人とは思えない気が・・・・・・。 (もっとも、あのテーマだけが例外的な傑作な気もするが。 なんせ、『大江戸』のEDのひとつ「ながれ橋」に出だしソックリだし)


追記、今調べたら、『怪奇』のテーマは山本氏の作曲でしたね。 アレンジは玉木氏の可能性もありらしいですが、ということは、「ながれ橋」と『怪奇』のテーマの出だしが似てるのは偶然か。
スポンサーサイト



  1. 2015/04/03(金) 11:16:02|
  2. MX円谷劇場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イデオン、リデザインその31 | ホーム | 大復活!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://gen68.blog.fc2.com/tb.php/2065-8793b112
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

GEN(ゲン)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

近況報告 (189)
買い物 (28)
ダビング (16)
イラスト&コミック (775)
ガンダム&イデオン (73)
イデオンリデザイン2 (1)
サイボーグ009 リデザイン (12)
ベガ(幻魔) リデザイン  (57)
ダイアポロンリデザイン (6)
ゴーディアン リデザイン (46)
アンパンマン考察 (9)
キカイダー リデザイン (98)
仮面ライダー リデザイン (47)
リミットちゃん リデザイン (20)
8マン リデザイン (46)
サリーちゃん リデザイン (20)
和登さんリデザイン (16)
作曲、音楽 (40)
ニュース (63)
TV、映画、DVD、CD感想 (2721)
仮面ライダー (1136)
MX円谷劇場 (576)
本、コミック感想 (194)
アイドル、タレント (60)
どうでもいい話 (39)
夢、作り話 (7)
未分類 (0)

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード