fc2ブログ

GEN'sログ(雑記)

イラスト&コミックのサイト「GENユニバース」の管理人GENのブログです。

幻燈辻馬車

gentou_tujibasya.jpg山田風太郎の明治ものの代表作、『幻燈辻馬車』を読みました。

これは、筒井康隆の『漂流』に紹介されていた1冊で、ずーっと気になっていて、
思い返すたびに読もうかどうしようかと考えてたんですが、買って大正解。

本当は、あんまりにも面白いんで、読んですぐ感想を書きたかったんですが、
下巻の半分に別の短編が収録されてて、ちょっと間が空いちゃって、落ち着いた感想になっちゃうかもしれませんが、
読んだ直後は大興奮で大感動でしたから。

いや、こんな面白くていいのか、ってぐらいのエンターテインメントとストーリー性。
一ページ目からいきなり面白くて、文章は、落語の名人のような淀みない名調子。
長くて雑多なようで無駄のない人物配置に、ハッとするような起伏の連続で、
荒唐無稽なのに、その時代にいるかのようなリアルさも見事。
これぞ、娯楽小説といった感じ。

かといって、熱いばっかりじゃなく、冷めた目線、オフビート感なんかもヒシヒシ感じて、すごく好感が持てる。
また、主役の干潟干兵衛の引いた感じの佇まいというか考え方がよくて、そこも読みやすくてよかった。
時代背景なんかも含めて、むしろ、今読むのが面白いと思う。

で、この作品が気になった理由のひとつが、干兵衛の孫、お雛が呼ぶと出てくる幽霊。
読む前は、女の子がピンチに背後から幽霊(スタンド)を出現させて戦う、
『ジョジョ』みたいなものを想像しちゃってたんだけど、まあ、それは違った。
でも、幽霊の扱いがすごく面白くて、幽霊が出てくる部分になると笑えるのが可笑しい。
死んじゃったからなのか、達観してるというか、悲壮感がなくて、とぼけ具合が水木風でもある。

それから、なんといっても、お雛がいいんだよな。
これが実際に演じられる娘は、なかなかいないと思う。
そして、ラストのお雛の「祖父(じじ)! 祖父(じじ)!」の呼びかけ、
えも言われぬ感情が自然とわいてきて震えて、こんな感覚にさせるのかと驚いて感動した。
さっきもいったけど、ほんと、今読むべき1冊だと思います。
興味のある方はぜひ。

(今思ったが、昨日観たせいか、ちょっとだけ『野生の証明』に似てる気がするな)
スポンサーサイト



テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学

  1. 2016/08/14(日) 06:29:44|
  2. 本、コミック感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<動物戦隊ジュウオウジャー 第25話 | ホーム | ベガ(幻魔大戦) リデザイン その15>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://gen68.blog.fc2.com/tb.php/2376-2e25f208
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

GEN(ゲン)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

近況報告 (189)
買い物 (28)
ダビング (16)
イラスト&コミック (766)
ガンダム&イデオン (73)
イデオンリデザイン2 (1)
サイボーグ009 リデザイン (12)
ベガ(幻魔) リデザイン  (57)
ダイアポロンリデザイン (6)
ゴーディアン リデザイン (46)
アンパンマン考察 (9)
キカイダー リデザイン (98)
仮面ライダー リデザイン (47)
リミットちゃん リデザイン (20)
8マン リデザイン (46)
サリーちゃん リデザイン (20)
和登さんリデザイン (8)
作曲、音楽 (39)
ニュース (63)
TV、映画、DVD、CD感想 (2701)
仮面ライダー (1123)
MX円谷劇場 (576)
本、コミック感想 (193)
アイドル、タレント (60)
どうでもいい話 (39)
夢、作り話 (7)
未分類 (0)

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード