fc2ブログ

GEN'sログ(雑記)

イラスト&コミックのサイト「GENユニバース」の管理人GENのブログです。

キャッチワールド

91pGMWULWCL.jpgハッキリ言って、
初めは、何で今これ読んでるのか自分でも判らなかったし、何で買ったのかも忘れてました。
きっかけは、ネットのまとめ記事での“読むべきSF小説”で見つけたのは間違いないんだけど、
それが、何のサブジャンルだったのか完全に忘れてしまい、
表紙の感じから違いそうだけど、ディストピアかアフターハルマゲドンかなぁと予想しながら読書開始。
そしたら、あまりにも予想と違うんで面食らい過ぎて、これ本当に何の理由で買ったんだ?と絶句。
ただ、止められない面白さがあって、もう読み進めるしかない。
もう、大混乱ですよ。頭の中。

読み始めて最初に面食らたのは、イギリスのSF小説なのに主人公が日本人で、出てくる宇宙船の名前が“憂国”。
それだけでも大分変ってるなぁと思うんですが、大雑把にその後の展開を書くと、
基本が『攻殻機動隊』の世界観でやる『宇宙戦艦ヤマト』で、出発してからは『2001年』的コンピュータとの攻防。
その後、『エヴァ』的部分があってオカルトになってタコが出てこないコズミックホラーに。(笑)
さらに、現地に行ってからは、メビウスの絵が似合いそうな牧歌的異星での冒険があって、やっぱり『エヴァ』?。
これを、どのSFよりもリアルで(科学的に)ハードな描写で展開、と。

こんなに、訳が判らないのに凄さだけが判る作品も珍しいですね。
簡単にストーリーを説明・・・出来るか判りませんがしますと、
地球は、結晶生命体に攻撃されほぼ壊滅状態。
敵の殲滅には成功するんですが、母星に助けを呼んだらしい。
待っているだけでは、今度こそ全滅なので、打って出ることにして敵星アルタイル系へ攻撃へ。
それが、憂国をはじめとする宇宙船群なんだけど、出て早々やられてしまい・・・・・・。
その後、生き残った憂国ら船内では、乗組員によるいさかいや、船のAIとの攻防が始まる。
AIは、乗組員の思考をシミュレートしたらもう要はないので死んでもらうと言い放つ。
抵抗するも、気が付くと全員脳髄だけにされていて、思考はAIと次第に統合されてしまう。
統合過程に免疫があったアラエディスだけが取り残され、発狂を繰り返しながらアルタイルへ。
その後、次々と異星人を捕まえては虜にしているキャッチワールドと化していたアルタイルで、
ラスボスともいえる巨大AI とアラエディスを中心にして対峙することになるが、
その敵AIの正体は・・・・・・。

と簡単すぎますが、こんな感じ、
ほかにも結晶生命体以外の異星人との接触部分で、黒魔術や悪魔なんかが出て来て仰天しますが、
魔術が科学とは別の力学として存在してそうな感じが面白いです。
現に、結晶生命体も統合されたAIも結果的にESP能力を使います。
ほか、アルタイルに着くまでにもっと早く移動できる船が完成して憂国を追い越してしまったりとパラドックスな展開も。
とにかく、これでもかとアイデアが詰め込まれていて、それはもう下世話なぐらい。
そう、まるで、ワイドスクリーン・バロックのよう。
って、そうなのでした。
ワイドスクリーン・バロックの怪作として紹介されていたのでした。
解説読んで思い出しました。

いやでも、本当に驚きです。
この作品がそんなに有名でないことに。
だって、75年にその後の作品と遜色ないサイバーパンクを書いてるんですから。
AIの表現も今の作品と変わらないし、冒頭の未来の日本なんて書きっぷり凄いですよ。
戦国時代のまま未来になっちゃった感じですが、たぶんワザとでしょう。
異星人との接触のしかたも非常にリアルだし、ちょっと時代から飛びぬけてますね。
ベスターの『虎よ、虎よ!』がいろんな作品(特に日本マンガ)の源泉になっているように、
これも、様々な作品の隠れた源泉になってるはず。(ネットに『ニューロマンサー』との類似の指摘あり)


ということで、チャレンジしがいはあるかと。
正直、正確な解説が欲しいところですが。
(『ヤマト』の影響があるのか知りたい。アナライザーみたいなの出てくるし)


ちなみに、憂国の乗組員の中にアラエディスっていうブッシュマンが出てくるんですが、
なんだよアラエディスって、“あらえびす”みたいなゴロだな、って思ったんですが、
えっ? あらえびす? あらえびすって何??
ってことになりまして、調べたら、野蛮な東国人の意味だったんですが、
何で知ってんだろう、と考えた結果、電気グルーヴの「マッドエビス」の歌詞に出てくるんだろうで決着。
で、これを書くために歌詞確認したら、そっちは、“どろえびす”でした。
あれ~、でも、意味は同じみたい。
スポンサーサイト



テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学

  1. 2021/06/27(日) 07:49:32|
  2. 本、コミック感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<仮面ライダーセイバー 第41章 | ホーム | TOKYO MX 「仮面ライダー【HD】」 85話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://gen68.blog.fc2.com/tb.php/3434-5b0532de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

GEN(ゲン)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

近況報告 (189)
買い物 (28)
ダビング (16)
イラスト&コミック (775)
ガンダム&イデオン (73)
イデオンリデザイン2 (1)
サイボーグ009 リデザイン (12)
ベガ(幻魔) リデザイン  (57)
ダイアポロンリデザイン (6)
ゴーディアン リデザイン (46)
アンパンマン考察 (9)
キカイダー リデザイン (98)
仮面ライダー リデザイン (47)
リミットちゃん リデザイン (20)
8マン リデザイン (46)
サリーちゃん リデザイン (20)
和登さんリデザイン (16)
作曲、音楽 (40)
ニュース (63)
TV、映画、DVD、CD感想 (2721)
仮面ライダー (1136)
MX円谷劇場 (576)
本、コミック感想 (194)
アイドル、タレント (60)
どうでもいい話 (39)
夢、作り話 (7)
未分類 (0)

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード