fc2ブログ

GEN'sログ(雑記)

イラスト&コミックのサイト「GENユニバース」の管理人GENのブログです。

反芸術アンパン (ちくま文庫)

EGekj0LUEAE8Ryg.jpg以前読んだ、竹熊健太郎氏の『箆棒な人々』に出てくる前衛芸術家“ダダカン”のページに、
過去、こういった芸術家はたくさんいた例として紹介されていたのがこの本。

具体的には、作家で前衛芸術家だった赤瀬川原平氏の、
読売アンデパンダン展とは何だったのか、ということについての自問自答。

初めは、ダダカンのような度起こしたような人たちのカタログのようなものを期待してたけど、
もっと冷静で、俯瞰的で、なんといってもアケスケなほど正直な記録でした。
とにかく、読み物としても読みやすく、当時の若い芸術家の気持ちの移り変わりが手に取るよう。
もっとも、あくまで赤瀬川原平の視点から、ということですが。

もちろん、出てくる人出てくる人、ダダカンほどではないにしてもみな破天荒です。
時代の雰囲気もあいまって、何かしでかしたい気が充満してます。
赤瀬川原平本人も含めて、当時本気ではあるんですが、
いま振り返れば、薄々本音にも気付いていて、
現代芸術の本質の痛いところも素直に書いています。
このへんの書きっぷりが面白かったですね。
言い方悪いですが、目が覚めた人の視線というか。

とにかく、戦後すぐからこんなにも前衛でいろんな意味で攻撃的な芸術運動があったんだ、
というのがリアルに感じられて、面白かったし勉強になりました。
ちょっと現代美術家が身近にもなりましたかね。

ちなみに、前半の方にタイガー立石が一瞬出て来て、
途中から、赤瀬川原平の仲間として、篠原有司男が出てきます。
ダダカンこと糸井貫二は後半にチラッと。

それにしても、アンデパンダン会期中に、作品から伸びた紐がどんどん継ぎ足されて、
上野の美術館から出て、上野駅のホームまで達したって話が面白すぎる。
スポンサーサイト



テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2021/09/26(日) 05:58:54|
  2. 本、コミック感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<仮面ライダーリバイス 第4話 | ホーム | TOKYO MX 「仮面ライダー【HD】」 98話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://gen68.blog.fc2.com/tb.php/3492-e57e0ca1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

GEN(ゲン)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

近況報告 (189)
買い物 (28)
ダビング (16)
イラスト&コミック (775)
ガンダム&イデオン (73)
イデオンリデザイン2 (1)
サイボーグ009 リデザイン (12)
ベガ(幻魔) リデザイン  (57)
ダイアポロンリデザイン (6)
ゴーディアン リデザイン (46)
アンパンマン考察 (9)
キカイダー リデザイン (98)
仮面ライダー リデザイン (47)
リミットちゃん リデザイン (20)
8マン リデザイン (46)
サリーちゃん リデザイン (20)
和登さんリデザイン (16)
作曲、音楽 (40)
ニュース (63)
TV、映画、DVD、CD感想 (2721)
仮面ライダー (1136)
MX円谷劇場 (576)
本、コミック感想 (194)
アイドル、タレント (60)
どうでもいい話 (39)
夢、作り話 (7)
未分類 (0)

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード